売上を上げる基本

「売上を伸ばしたい」

どの企業様でも同じですね。
売上を上げる基本ルールは下記3つです。
1.客数を増やす
2.客単価を上げる
3.購入(来店)頻度を上げる

某有名通販化粧品会社の年間売上は1,010憶円
顧客数1,300万人
一人当たり平均購入金額約7,770円
年間購入頻度3回として、1回購入金額2,500円くらい
年間購入金額5回として、1回購入金額1,500円くらい
お客様にとっても、無理のないお買いものですね。

1回の購入金額が10万円以上じゃないと
事業が成り立たないという会社様からご相談がありました。
リピーターがいないから・・・というのが、その理由だそうですが、
この金額では年に何度も購入するのは難しいですね。
富裕層の顧客をたくさん集めなければいけませんä

 

美容事業のご相談は美容事業経営コンサルタント ビューティラボ
経営コンサルタント探しの経営堂
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

Twitterは@beautylabojp

 

2010.12.13

がん検診はお任せ――。

2010年12月11日15時06分 読売新聞のニュースです。
犬ががんを探知するそうですよ
下記に内容を転載いたします。

************************

 九州大医学部第二外科の前原喜彦教授らのグループが、がん患者特有のにおいが分かる「がん探知犬」に、大腸がん患者の呼気などをかぎ分ける実証試験をした結果、9割以上の精度で患者を判別できた。研究成果は英国の医学誌「GUT」に掲載される。

 探知犬は、千葉県南房総市の「セントシュガー がん探知犬育成センター」が飼育しているラブラドルレトリバー(9歳、雌)。名前は「マリーン」で、海難救助犬として飼育されていたが、嗅覚や集中力が特に優れていたことから、がんのにおいをかぎ分ける訓練を受けている。

 グループは2008年6月から09年5月にかけ、福岡、佐賀県内の2病院で、消化管の内視鏡検査を受けた約300人から呼気と便汁を採取。内視鏡検査で大腸がんと分かった患者の1検体と、がんではなかった患者の4検体を一つのセットにして、探知犬に挑戦させた。呼気では36セットのうち33セット、便汁では38セットのうち37セットで「正解」をかぎ分けた。

詳細はここ

************************

「がん探知犬」なんてコトバを初めて知りました。
その特殊な犬を育成する専門機関があるんですね〜
ペット等、身近にそういう犬がいて、早期発見してくれて、
生存率が高くなったりするといいですね

 


美容事業のご相談は美容事業経営コンサルタント ビューティラボ
経営コンサルタント探しの経営堂
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

Twitterは@beautylabojp

 

2010.12.12