パッケージデザインがチャネルに合っていない☆

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


年末ギリギリのタイミングで、チャネル開拓のご相談がありました。


全くの新規でご希望のチャネルで成功するノウハウをお伝えしましたが、肝心な商品コンセプトが明確になっていない上、パッケージデザインがチャネルに合っていない。


この案件は、チャネル戦略を指導しても、導入は難しいものでした。


パッケージデザインがチャネルに合っていないから、お客様の購買意欲がわかないのです。


既に商品が出来ているので、ご希望のチャネルで展開するにはミスマッチなため、、パッケージデザインの変更が必須です。


でも、商品企画のご指導は望まれていません。


望まれていないのに、ご指導するわけにもいきません。


商品企画を担当された方はそのチャネルでのご経験がないようでした。


かっこいいパッケージデザインなら売れると勘違いしているようでした。


商品ができる前にご相談があれば、そのご希望のチャネルで売れるデザインをご指導できたのに・・・もったいないです。


チャネルごとに売れる商品企画内容が違います。


これから新商品を企画されるようでしたら、ぜひ、事前の市場調査をしてから、進行することをお勧めします。

 

 

第68回広報勉強会

「たくさんのメディアに掲載される 広報担当に必要な基本的スキルとは?」

日時:1月29日(火)18:30〜20:30

会場:きゅりあん(大井町)

申込締切 1月28日(月) 残席8名様

https://www.beauty-labo.jp/article/16053876.html

 

2018.12.30

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16059416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)