半年後の化粧品広告の法律関連のセミナー

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。

 

新年あけましておめでとうございます。

 

本年もどうぞ、よろしくお願いします。

 

5月末頃に出講依頼された法律関連のセミナーのコンテンツを年明け早々に提出しないといけないために考えています。


法律が変わるとガラっと内容が変わってしまうので悩んでいます。


化粧品広告する際に、今、OKの文言も、半年経ったら、ダメ〜!になるかもしれません。


実際のセミナー内容は、直前に一番新しい情報を盛り込むのですが、セミナー主催会社様の事情で、内容を早く決めないといけません。


どうしよう〜と悩んで1か月が経過してしまいました☆


皆さん、化粧品の広告をする際に気になることって何ですか?


「使用前・使用後写真」ですか?


「お客様の声」ですか?


「第三者による実証」ですか?


ご意見いただければありがたいです。

 

20180904 東京商工会議所江戸川支部様セミナー500.jpg

 

第68回広報勉強会

「たくさんのメディアに掲載される 広報担当に必要な基本的スキルとは?」

日時:1月29日(火)18:30〜20:30

会場:きゅりあん(大井町)

申込締切 1月28日(月) 残席8名様

https://www.beauty-labo.jp/article/16053876.html

 

2019.1.1

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16059941
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)