美容商材企画のヒント

どんな商材で事業をするか決まっていますか ?
化粧品?サプリメント?それとも、雑貨ですか?

ところで「雑貨」って何でしょう?
リップブラシ、アイカラーチップ、ビューラー、コットン、あぶらとり紙などが雑貨です。雑貨は薬事法など関係がありませんから、許認可がなく製造販売できます。また、「二元表示」は不要ですから、販売会社の表記は自社のみでOKです。

薬事法上、販売前に処方内容の届出や許可などが必要な化粧品と比べると、雑貨は制約なく販売できますので、企画から販売まで短期間でできます。最初に販売する商品を化粧雑貨から始めると事業開始はスムーズです。

事業化を急ぐのであれば、サプリや化粧品よりも雑貨から開始するというのもひとつの手です。「え!あれって、雑貨だったの?てっきり化粧品か薬品だと思ってた!」なんて名前を挙げれば誰でも知っている有名な商品も市場にはたくさんあるんですよ。

たとえば「熱さま○ート」などがそうです。解熱効果=医薬品というイメージですよね ? でも、これは単純に冷やすだけのものなので、雑貨なんですよ。これでうるおい成分をプラスすると化粧品になってしまいますし、解熱効果をプラスすると医薬品として申請しなければなりません。そういう商品を参考に自社商品を考えてもいいと思います♪



お問い合わせはこちらから