お客様相談室

お客様相談室(カスタマーサービスセンター)運営で悩んだら、社団法人 消費者関連専門家会議ACAP(エイキャップ)のメンバーになることをお勧めいたします。企業のお客様対応窓口部門責任者の集まりです。

http://www.acap.or.jp/

お客様応対未経験であっても入会できます。というのは、大企業の運命で、他部署からいきなりお客様相談室長に任命されたりする管理職の方がお勉強するために入会している場合が多いのです。なので、実務レベルの会員は少数です。

お客様相談室は女性ばっかりの職場で、ベテランオペレーターのお局様が大勢いらっしゃる大奥(笑)のような部署なので、溶け込めない心優しいおじさま族が多いというのが実態。私は知識ゼロの状態で入会して、他社の心優しいおじさま族の皆様やこわ〜い大局お姉さま方にご指導いただき、にわかベテラン(に見える)カスタマーセンター長になれたのでした。

お客様相談データベースも入会して初めて出かけた集会で、複数の方のアドバイスを受けることができて、その日のうちにDB構築企画をスタートさせ、1ヶ月で運営開始に結びついたのです。

また、様々なグループに分かれての分科会というお勉強会に所属でき、他社さまの様々な事例を聞くことができるのでもこれはたいへん役に立ちました。

風俗産業にお勤めの女性が自動販売機で購入した清涼飲料水を購入、ボトルを開ける際に指を切るけがをして、2週間休業しなければならなくなり、ヤ印系の経営者からその休業補償にウン千万円の請求があったところをどう解決したか・・・とか。

普通にOLしていたら聞けないような業界の裏の裏をのぞけるようなお話ばっかりで、月に1回の分科会に行くのが楽しみでした。また、法律の知識も身につきます。

ACAPはメンバーの紹介・推薦がなければメンバーになれません。もちろん、企業に所属していなくても、個人で入会できます。

ここのメンバーとして所属した経験は、お客様相談室だけでなく、商品企画やHP運営、広報、また、女性だけのグループを効率よくまとめる方法や経営理念まで考える機会となり、とっても貴重な経験になるはずです。




お問い合わせはこちらから