広報(PR)とは

広報(PR)とは企業、官公庁、公共機関、NPOなどの組織や特定の個人が、報道機関などを通して社会と良好な関係を築き、維持・発展させていくことに主眼を置いたコミュニケーション活動です。新商品や新規サービスの訴求から、経営計画・ビジョンに対する理解促進、コーポレートブランドの確立、生活者への啓蒙・啓発などを展開するうえで大きな力を発揮します。

特に近年は、経済環境の急速な変化、価値観の多様化、情報ネットワークの進展、そして社会的責任の増大などにより、その重要性がますます高まっています。そして何よりも注目される効果はマスコミに取り上げられることによって、社会的な認知度が上がり、信用を得られ、ブランド力が向上することです。また、認知度が上がれば、入社希望の優秀な人材が集まるという効果も見逃せません。広報活動は重要な経営戦略のひとつと言っても過言ではありません。

このため企業・団体の広報担当者、広報活動を支援するPR会社や広告会社のスタッフには、これまで以上に豊富な経験と高いスキルが求められるようになっており、その活動範囲や業務範囲も広がっています。

今、PRというと「FAXリリース」や「メールリリース」の送信が安価で手軽にできる手法としてメインに業務を請け負うPR会社が多いのですが、そのPR活動の実態となると、多くはベールに包まれ、一般にはあまり知られていないのが事実です。PRの意義と機能がもっと理解され、社会の中で存在性を獲得し、裾野を広げていくためには、PRに関するさまざまな戦略や戦術をもっとオープンにし、そのノウハウやスキルを共有していく必要性があると思います。

主な広報活動は、ニュースリリースを送る(記者クラブ・FAX・メール・郵便・メール便)、キャラバンを行う、記者会見を行う、発表会を行う(パーティやイベント)、工場見学、地域活動に参加する・・・などがあります。

PRする媒体としてはTV、ラジオ、雑誌、新聞、業界紙、フリーペーパー、WEB等。媒体によって用意するものは違います。TVは画像データ(DVDやビデオ)を用意します。紙媒体はリリースを、WEBはニュースメールを配信します。


お問い合わせはこちらから