販促企画

商品だけ用意しても売れない

商品企画にこだわって、販促物の制作をおろそかにしてはいけません。良い商品さえ作れば売れるだろうという考えでは厳しい現実が待っています。薬事法によって、書きたくても書けなかった商品内容をこの販促物で補うのです。販促物で商品内容が伝わらなければ、契約や販売に結びつきません。これも販売チャネルごとで用意するものが違いますし、商品説明のパンフレットの構成も違ってきます。ただ、兼用にもできますので、どのチャネルで販売するのかを事前に想定したほうが無駄が省けます。

店頭で販売する場合、多くの小売店では「トレー」を置いて、その上に商品を陳列したほうが良いです。ゴンドラと呼ばれる棚に設置するタイプとひもで吊るすハンガータイプと、商品の形状や導入方法によって選びます。表面積の限られた商品パッケージに書けない商品特徴をインパクトをつけて表記するにはトレーは便利なツールです。

多量の商品を陳列して、「サインPOP」を設置すると棚の中で目立たなかった商品が目立って、よく売れるようになります。そのために「大陳(大量陳列)台」を用意しましょう。大量に作る場合は印刷をしますが、限定キャンペーンの場合はアクリルの透明箱を利用して、貼れパネにPOPを貼りつけた手作りのディスプレーでもOKです。

通販の場合は、商品を納品するときに必要な「梱包箱」とそれに入れる「ご挨拶文書」「発注書」は必須販促物となります。

 

主な販促ツール

・ディーラー(問屋様向け)用パンフレット
・お客様用パンフレット
・商品サンプル
・商品テスター
・店頭用ゴンドラトレー
・大陳(大量陳列)台
・ハンガー
・POP
・プレミアム
・ご挨拶文書
・発注書
・DM(ダイレクトメール)
・梱包箱

 

ハンガーディスプレイ.jpg
パンフレット立てs.jpg スイングポップs.jpg カウンターDPs.jpg

販促物画像は株式会社美有起様より提供

 


売上のスピードアップをするキャンペーン

商品の活性化を図るためのキャンペーンは新商品導入時期季節の変わり目など、要所要所で実施することをお勧めします。

コンスタントに売上をつくっているメーカーは常にキャンペーンを実施しています。企画なしで定番だけで売上をキープするのは難しいのが現実です。それは店頭も通販もTVショッピングも同じです。同じ内容だとお客様に飽きられてしまいますから、できれば、1か月ごとに内容を変えたキャンペーンを企画されることをお勧めします。

また、サンプリングひとつでも、販売チャネルによってキャンペーンのやり方は変わります。店頭でしたら、マネキンさんを雇う方法がありますが、WEBでは主に広告でサンプルが欲しい人を募集します。通販でしたら、商品配送と一緒にパンフレットやサンプルを同封するサービス「同梱同送」という方法があります。定期的に購入してくれる顧客にはDM(ダイレクトメール)を送って告知する方法があります。

プレゼントキャンペーンプレミアムキャンペーンを実施する場合には景表法(景品表示法)の制限に注意をして企画を進めてください。商品価格が景品価格の上限に関係してきます。サービス過剰になると法律違反になります。

 

主なキャンペーン

・サンプリング
・大陳(大量陳列)プロモーション
・プレゼントキャンペーン
・プレミアムキャンペーン
・プロによるアドバイスキャンペーン
・お友達紹介キャンペーン
・新商品発売記念キャンペーン
・永年継続販売キャンペーン

 

販売チャネルで売れるアドバイス

ビューティラボでは、想定した販売チャネルで売れるように販促企画・キャンペーン企画をトータルアドバイスさせていただきます。デザイン等ターゲット層や販売店・バイヤーへのマーケティング調査、制作代行もオプションで承っております。

 

  

その他、お気軽にお問合わせください。

お問合わせはこちらから

見積依頼・お問合せはこちらから

このたびは、ビューティラボのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございました。

当社のコンサルティングプランについて、見積依頼・ご質問・ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

会社様によって問題点や解決策がそれぞれ型にはまった内容ではないと思われますので、詳しくお話を伺ってからきちんと対応させていただきます。

経営のお悩み相談なども承っておりますので、特に形式にとらわれず、ご自由にご記入いただければと思います。

尚、返信は2日以内にするよう努力しておりますが、土日祝はお休みさせていただきますので、その場合の返信はお休み明けとさせていただきます。特にご回答をお急ぎのときはお手数ですが、その旨をご記入くださいませ。

もっとお急ぎでしたら、下記へお電話をくださいませ。
TEL : 03-4405-6165 (月〜金 9:00〜17:00)
詳しいお話をうかがわせていただきます。

「お見積もりを依頼してしまったから、頼まなきゃ!?」なんて心配されることは、ありません。ご依頼のない限り、こちらからのご連絡は、いっさいいたしません。

会社名(必須)

(例:ビューティラボ)
お名前(必須)

(例:山田太郎)
メールアドレス(必須)

(例:info@beauty-labo.jp)
半角でお願いします。
お問い合わせ内容
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。
送信先アドレス : info@beauty-labo.jp