SEO(検索エンジン対策)で上位表記をめざす

せっかくホームページを作っても、アクセスする人がいなければ、ビジネスにはつながりません。そしてアクセスアップの第一歩は、検索エンジン対策(SEO)です。

 

検索エンジン対策(SEO)とは

 Yahoo! logo
 google logo
検索エンジン対策とは、別名SEO(Search Engine Optimaization) とも 呼ばれますが、Yahoo! やGoogleといった検索エンジンの検索結果で上位表示させるためのテクニックを言います。

中小企業さんのホームページに関する悩みの筆頭は、「せっかくホーム ページを作ったのに、アクセスがほとんどない」というもの。いくらお金を かけたホームページでも、アクセスがなければ商売につながるはずが ありません。

そしてアクセスを増やすための第一歩が、検索エンジンでの上位表示。検索結果の上位に表示されることで、お客さんを「検索サイト」から「自社のホームページ」へと誘導する訳です。

 


さてそれでは、我々が持つSEOのテクニックがどれくらい効果があるのか、実際にお見せしましょう。

下図は、弊社のホームページです。

beautylaboHP.jpg


このホームページは、「美容事業専門コンサルタント」というキーワードで上位表示されるように、対策を施してあります。このページを仕込んでから2ヶ月ほどたったころに、Yahoo、Googleの2大検索サイトで検索結果を調査してみました。

すると、「美容事業専門コンサルタント」で検索すると、下記のように、2大検索サイト全てで、見事に「一位表示」されたのです。

 

 【Yahooでの検索結果】 1位表示
 

Yahoo! 1位

 


 【Googleでの検索結果】 1位表示

Google 1位

 

このように、Yahoo!、Googleで1位表示と、見事「2冠」を達成することができました。

このケースは、比較的「競争がゆるい」キーワードでしたので効果を出しやすかったのですが、それでも弊社の「SEO手法」の有効性について、自信を深めることができました。

 

 

SEOの理論と設定作業

さて、このSEO(検索エンジン対策)には二つの要素があります。どうすれば検索サイトの上位に表示されやすくなるかという「SEOの理論」と、実際にそれを自社のホームページに適用する「SEOの設定作業」です。

「SEOの理論」というのは、何をすれば検索エンジンで上位表示されやすいかという「知識」を身につけることです。

この点については、様々な書籍が販売されていますし、それほど難しいものではありませんから、少し勉強すれば誰でも理解できると思います。

一方、「SEOの設定作業」というのは、「SEOの理論」に基づき、実際にその理論をホームページに適用していく作業のことです。狙ったキーワードをホームページに仕込むため、実際にホームページに色々と細工を施していく必要があります。

そのため、この「SEOの設定作業」には、一定の「ホームページ作成スキル」が必要です。自作ホームページの場合、たとえ「SEOの理論」を理解したとしても、その理論をもとに自分のホームページで設定作業するのが大変なのです。ある程度の「ホームページ作成スキル」がないと、SEOの理論を実現するための「設定作業」は不可能なのです。

もちろんプロの作成会社に、こうしたSEOサービスをお願いすることも可能です。しかしその場合、初期費用50万円月額費用20万円、と言った、かなり高額なコストが発生します。

こうした理由から、通常の中小企業さんのホームページは、ほとんど検索エンジン対策(SEO)が施されていません。いくら「SEOの理論」を身につけたとしても、それを自社のホームページで実現することができなければ、SEOは絵に描いた餅にすぎません。

そのため、せっかくのホームページが全く検索エンジンで上位に表示されずアクセスがほとんどない、というのが一般的な中小企業ホームページの現状なのです。

 

御社にも上位表示は可能です。

SEO(検索エンジン対策)で上位表示を狙うなら、ぜひ、弊社にご相談ください。

 


お問合わせはこちらから