第66回広報勉強会「注意すべき景品表示法と不当表示」

20130625広報勉強会4.jpgNEWS.jpg

 企業がどんなに優秀な商品やサービスを提供したくても、知名度がないと売れません。知名度を上げるため、チラシや雑誌広告など高い費用をかける企業は少なくありませんが、高い広告費を払っても、かかった広告費用以上の売上を上げるのは難しいのが現状です。

 

 広告は薬事法や景品表示法、健康増進法などの規制が多く、アピールしたいことをストレートに書けない場合もありますが、広報による特集記事ならば、消費者の信頼も得られ、ブランドづくりに効果的です。


 チラシやフリーペーパーなどの広告制作だけをするのではなく、広告内容を考えるついでにできる広報活動で得られる、より多くのメリットがあります。有料の広告より無料の広報の方が効果が高い場合も少なくありません。


 約100社を経営支援した際に広報活動をしているのは一部の大手メーカーだけで、ほとんどの中小企業は広報自体を知らない、または、マスコミに取り上げられるのは敷居が高くて不可能という認識で、高額な広告ばかりに費用をかけるのは実にもったいないことだと常々感じています。

 

 この講座では、広報担当15年の経験で積み上げた実績をもとに、マスコミに毎月100誌以上の媒体に無料掲載して得られた効果(年間1億2000万円分の広告効果)と、他の仕事と兼務してでもできる費用をかけない簡単なノウハウを具体的事例をご紹介しながら、お伝えいたします。

 

年商5000万円で社員10人の小規模化粧品会社が、広報を使ってたった5年で年商30億円になったノウハウです。

 

対象者
商品や会社の知名度とブランド力をつけたい経営者・広報担当者・販促担当者

 

  広報セミナーは「ニュースリリースの書き方講座」で終わっているものが多い印象です。ニュースリリースの書き方も大切ですが、力をつけなくてはいけないのは毎月掲載される企画力なのです。
  企画力をつけるため、毎月テーマを変えて定期的に実施します。

 

特に化粧品業界でなくても十分お役にたてる内容です。そして、お持ち帰りいただける参考資料も豊富にご用意し、講義だけでなく、参加者様ご自身で考えていただくワークショップ中心の勉強会です。

 

大量の書類400.jpg

 

次回のテーマは「 注意すべき景品表示法と不当表示」

 

自社商品やサービスを告知する際に、なるべくお客様の心に響く、インパクトのある文言を使いたいですよね? ところが、正しい内容でも、ホームページやチラシ、パッケージに法律違反になる文言を表記すると、消費者庁や行政のパトロール等で指導を受け、事業存続を左右することにもなりかねません。悪意で法律違反しているのではなく、知らなくて、違反文言を使用してしまっても同様です。

 

また、メディアも、記事に違反表示があると同じように罰せられるため、記事内容のチェックは法務部がしっかりとチェックして、違反表示のあるニュースは取り上げないように注意を払っています。

 

言い方の「良い」「悪い」ではなく、法律で決められているので、違反文言は覚えてしまえば難しくはありません。

 

特に景品表示法違反で指導される事例が多いので、景品表示法は事業社は知っておくべき法律です。

 

次回の広報勉強会では、メディアに掲載されやすくなるように、不当表示についてお伝えします。

 

第66回広報勉強会

【テーマ】注意すべき景品表示法と不当表示

【対象者】商品や会社の知名度とブランド力をつけたい経営者様

【日時】11月20日(火)18:30〜20:30 (受け付け開始は18:15)

【会場】きゅりあん(品川区立総合区民会館) 4F 2グループ室  

    東京都品川区東大井5-18-1

【定員】10名  

【参加費】1名様 3,000円(事前にお振込いただきます)

内300円は東北復興支援として一般社団法人起業支援ネットワークNICeを通して寄付させていただきます。http://www.nice.or.jp/

【 お申込み〆切り】11月19日(月)

参加希望が定員になりましたら、事前に〆切らせていただきます。

 

 

■過去開催のテーマ

2018年 10月 メディアに掲載される!PRネタの作り方

9月 効果が大きい!WEBを使ったニュースリリース配信
  8月 インフルエンサーマーケティング

7月 モンドセレクション受賞への道
  6月 広報担当がやってはいけないこと

5月 毎月継続して取材掲載される秘訣

4月 コンテンツマーケティングを活用したPR

3月 テレビでPRする方法

2月 社長など『人物取材』されるコツ 

1月 クラウドファンディングを利用したPR
 2017年 12月 ファンを育てて売上を上げる共感PR戦略
  11月 動画コンテンツ活用でメディア露出UP!
  10月  掲載されるためのメディアリレーションズ
   9月  TVパブリシティの打ち方
  8月 広報担当に必要なスキルとは?
  7月 無料で広報ができる!PRサイト
  6月 広報プロセスの具体的方法
  5月 景品表示法に違反しない魅力的な表現方法
  4月 ネットの特性を意識した効果的なプレスリリースの秘訣
  3月 クラウドファンディングを利用したPR
  2月 的確な報道掲載メディアの探し方 
  1月 WEB時代の読まれるプレスリリースとは?
2016年  12月 広報担当がやってはいけないこと 
  11月 無理のない広報計画の立て方
  10月 1日2万PVのアクセス数を集めて取材に結び付ける方法
  9月 広報担当に必要なスキルとは?
  8月 メディアが取材したい要素と嫌う要素
  7月 広報担当がやってはいけないこと 
   6月 メディアへのアプローチ方法
   5月 効果的なオウンドメディアPR
  4月 取材につながる広報企画の立て方
  3月 プレスリリースの書き方(初心者編)
  2月 メディアリストの作り方・探し方
  1月 広報でつくりあげるブランディング
2015年 12月 プレスリリース配信でやってはいけないこと
  11月 メディアの目に留まる!攻める広報戦略
  10月 コンテンツマーケティングの活用
  9月 読まれるプレスリリースのつくり方
  8月 バズマーケティングの活用
  7月 炎上対策・広報のリスクマネジメント
  6月 毎月取材掲載される広報企画
  5月 プレスリリース配信の作法
  4月 無料で広報ができる!プレスリリース配信サイト
  3月 メディアリストの作り方・探し方
  2月 効果的なメディアリレーションズ
  1月 広報プロセスの具体的方法
2014年 12月 掲載につながる広報企画の立て方
  11月 効果的なメディア(媒体)の探し方
  10月 広報でつくりあげるブランディング
  9月 掲載につながる魅力的な商品撮影
  8月 広報のリスクマネジメント
  7月 プレスリリース以外の情報発信
  6月 メディアリレーションズ
  5月 広報のプロセス
  4月 広報計画の立て方
  3月 広報ネタがない時の秘策 公募イベント企画
  1月 O2O(Online to Offline)マーケティング
2013年 12月 広報の心がまえと営業方法
  11月 オウンドメディア・マーケティング
  10月 TVパブリシティの打ち方
  9月 CSRで22年間マスコミに取材掲載され続ける秘訣
  8月 アプローチリストの作成
  7月 イベントを利用したPR例
  6月 取材される企画の立て方
  5月 毎月取材掲載される秘訣

 

マスコミ掲載実績はこちら・・・ご参考に↓

https://www.beauty-labo.jp/category/1174438.html


広報勉強会および広報セミナー参加社様の取材掲載実績↓

https://www.beauty-labo.jp/article/15740571.html

https://www.beauty-labo.jp/article/15652566.html

https://www.beauty-labo.jp/article/15574841.html

https://www.beauty-labo.jp/article/15105703.html

 

参加者様の感想はこちら↓

https://www.beauty-labo.jp/category/1174435.html

 

 

広報勉強会は一方的に講師が講義をするセミナーではなく、参加者様同士でのワークショップ中心の勉強会になりますので、コミュニケーション能力が著しく低い方、マナー、常識等守れない方などの参加はお断りする場合がございますので、予めご了承ください。

 

お問合わせはこちらから

 

お申込みフォーム

メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
メールアドレス(確認)(必須)

(例:xxxxx@xyz.jp)
半角でお願いします。
お名前(必須)

(例:山田太郎)
お名前(フリガナ)(必須)

(例:ヤマダタロウ)
電話番号(必須)

(例:03-1234-5678)
会社名

(例:山田商事株式会社)
会社名(フリガナ)

(例:ヤマダショウジカブシキガイシャ)
HP

(例:http://www.xyz.jp)
半角でお願いします。
郵便番号

(例:123-4567)
半角でお願いします。
都道府県

(都道府県を選択して下さい。)
住所

(例:豊島区東池袋1-1-1)

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

(上記ボタンを押した後、次の画面がでるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。)

入力がうまくいかない場合は、上記内容をご記入の上、メールにてお申込ください。

info@beauty-labo.jp

広報を営業や商品企画と混同してはダメ!

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


広報セミナーを出講したり、広報勉強会主催しているときに、勘違いする方が少なくありません。


何を勘違いしているかというと、広報を営業や商品企画と混同しているということ。


広報は、現状や未来の事業サービスを告知することです。


売り込みをすることではありません。


マスコミに商品を売り込んでも、マスコミは商品やサービスを買ってはくれません。


そして、広報でマスコミに取り上げてもらうためには、どういう商品をつくればいいですか?の質問・・・。


マスコミ受けする商品企画をするのは根本的には間違いではありませんが、今日のニュースに取り上げられるのは時間的に無理。


新商品や新サービスをリリースするには、最低でも何か月かかかります。


今すぐマスコミに取り上げられる方法は今ある商品、今あるサービスに対してでしかできません。


マスコミ受けしないだろうと思われる商品やサービスをどうやって、マスコミに取り上げてもらうのか?


それを実現して、毎月100メディア以上に取り上げてもらったノウハウがあります。


今月の広報勉強会では、新商品や新サービスがなくても、毎月100メディアに取り上げられる方法をお伝えします。


残席あと4名様残っております。


具体的なノウハウを知りたい方、ぜひ、ご参加ください。

 

 

第65回広報勉強会

【テーマ】 メディアに掲載される!PRネタの作り方

【対象者】商品や会社の知名度とブランド力をつけたい経営者

【日時】10月25日(木)18:30〜20:30 (受け付け開始は18:15)

【会場】きゅりあん(品川区立総合区民会館)  

【定員】10名  (残席4名様)

【参加費】1名様 3,000円(事前にお振込いただきます)

【お申込み〆切り】10月23日(火)  

詳細・お申込みは↓

https://www.beauty-labo.jp/article/16006181.html