広報を営業や商品企画と混同してはダメ!

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


広報セミナーを出講したり、広報勉強会主催しているときに、勘違いする方が少なくありません。


何を勘違いしているかというと、広報を営業や商品企画と混同しているということ。


広報は、現状や未来の事業サービスを告知することです。


売り込みをすることではありません。


マスコミに商品を売り込んでも、マスコミは商品やサービスを買ってはくれません。


そして、広報でマスコミに取り上げてもらうためには、どういう商品をつくればいいですか?の質問・・・。


マスコミ受けする商品企画をするのは根本的には間違いではありませんが、今日のニュースに取り上げられるのは時間的に無理。


新商品や新サービスをリリースするには、最低でも何か月かかかります。


今すぐマスコミに取り上げられる方法は今ある商品、今あるサービスに対してでしかできません。


マスコミ受けしないだろうと思われる商品やサービスをどうやって、マスコミに取り上げてもらうのか?


それを実現して、毎月100メディア以上に取り上げてもらったノウハウがあります。


今月の広報勉強会では、新商品や新サービスがなくても、毎月100メディアに取り上げられる方法をお伝えします。


残席あと4名様残っております。


具体的なノウハウを知りたい方、ぜひ、ご参加ください。

 

 

第65回広報勉強会

【テーマ】 メディアに掲載される!PRネタの作り方

【対象者】商品や会社の知名度とブランド力をつけたい経営者

【日時】10月25日(木)18:30〜20:30 (受け付け開始は18:15)

【会場】きゅりあん(品川区立総合区民会館)  

【定員】10名  (残席4名様)

【参加費】1名様 3,000円(事前にお振込いただきます)

【お申込み〆切り】10月23日(火)  

詳細・お申込みは↓

https://www.beauty-labo.jp/article/16006181.html

 

2018.10.15