先入観にとらわれない経営

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


34年間も美容事業に携わっていますと、いろいろな事業社様の栄枯盛衰を垣間見ることがあります。


親会社が次々変わって、そのたびにコンセプトまで変わっていく企業様や、


販促で頑張りすぎて、資金をショートして倒産してしまった大手企業さんの事例など、傍目にびっくりな事件でした。



最近、あるきっかけで小売店の業態を調べていて、経営のブレーンに一人も化粧品業界の経験値がないのに、急速に業績を伸ばしている事業者さんがあるのに驚きました。


この事業社様は大手流通には乗っていないので、独自の路線で、商品企画、販促、店舗運営、広告をして、集客して、販売しています。


そして、自社オリジナル商品だけでなく、競合他社商品も仕入れて、同じ店頭に併売しています。


つまり、商品企画から、問屋業務、店舗販売までオリジナルで運営されているんですよ!


化粧品会社は、処方も製造も流通も販売も、全部が外注でできる事業です。


それを製造以外は全部独自でやられている、某大手上場企業様のような発想です。



化粧品会社を運営する上で、やらなければいけない基本がいくつかあります。


その基本さえ押さえれば、あとの枝葉はオリジナルで運営すればできます。


「化粧品会社は、こうでなくちゃいけない」と頭から決めつけないで、いろいろと挑戦してほしいと思います。

ナチュラル系化粧品販売店.jpg

※画像はサイトからお借りしました。

 

第69回広報勉強会

【テーマ】クラウドファンディングを利用したPR

 日時:2月26日(火)18:30〜20:30

会場:きゅりあん(大井町)

申込締切 2月25日(月) 残席3名様


詳細・お申込みはこちらからお願いします↓

https://www.beauty-labo.jp/article/16071531.html

 

2019.2.20