注意すべき景品表示法と不当表示

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


次回の広報勉強会のお知らせです。


次回 第66回広報勉強会のテーマは「注意すべき景品表示法と不当表示 」


自社商品やサービスを告知する際に、なるべくお客様の心に響く、インパクトのある文言を使いたいですよね? 


ところが、正しい内容でも、ホームページやチラシ、パッケージに法律違反になる文言を表記すると、消費者庁や行政のパトロール等で指導を受け、事業存続を左右することにもなりかねません。

 

大量の書類400.jpg


事実、2年先まで予約がいっぱいだったのに、景品表示法違反表示をホームページに掲載してしまって、消費者庁から措置命令が出て、行方知れずになってしまったゴッドハンドの先生もいます。


悪意で法律違反しているのではなく、ほとんどが、違反を知らずに、その文言を使用している方がほとんどです。


また、メディアも、記事に違反表示があると同じように罰せられるため、記事内容は法務部がしっかりとチェックして、違反表示のある情報は取り上げないように注意を払っています。


言い方の「良い」「悪い」ではなく、法律で決められているので、違反文言は覚えてしまえば難しくはありません。


次回の広報勉強会では、メディアに掲載されやすくなるように、景品表示法と不当表示についてお伝えします。


第66回広報勉強会

【テーマ】注意すべき景品表示法と不当表示

【対象者】商品や会社の知名度とブランド力をつけたい経営者

【日時】11月20日(火)18:30〜20:30 (受け付け開始は18:15)

【会場】きゅりあん(品川区立総合区民会館) 

【定員】10名  

【参加費】1名様 3,000円(事前にお振込いただきます)内300円は東北復興支援として一般社団法人起業支援ネットワークNICeを通して寄付させていただきます。https://www.nice.or.jp/

【 お申込み〆切り】11月19日(月) 参加希望が定員になりましたら、事前に〆切らせていただきます。 

詳細・お申込みは↓

https://www.beauty-labo.jp/article/16023646.html

 

2018.10.28

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16030036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)