災害から生活を守る施策

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


一昨日の台風19号において、被災された方々には心からお見舞い申しあげます。


いつもご支援している福島県では阿武隈川が氾濫し、とても心を痛めております。


一人ひとりの心がけだけではどうにもならない問題です。



私の実家のある周辺地域も、30年くらい前までは大雨の後、冠水したお宅が多くありました。


利根川、江戸川、荒川の大河川に囲まれ、水がたまりやすい地形になっているからでした。


周辺は田んぼだらけで、粘土質の泥が余計に水ハケを悪くしていたのだと思います。


駅前の道路を太もものあたりまで水につかりながら、駅へ向かうサラリーマンの姿も多く見かけました。


でも、最近は、そういう話は聞いたことはありません。


相変わらず、川に囲まれているのに・・・


今回もニュースを見ていて、被災地域で地名が出るかと思ったら、周辺区域含めて、報道されませんでした。


昨日、同級生のクラスLINEで確認したのですが、地域の同級生宅では被害ゼロで、ホッとしました。


それって、首都圈外郭放水路の功績なのだと思います。

 

首都圏外郭放水路調圧水槽2 500.png

※画像はお借りしました。


首都圏外郭放水路は、洪水を防ぐために建設された世界最大級の地下放水路です。


これを考えて、実行したなんて、国土交通省 すごい!


毎年数百件あった浸水戸数も放水路完成後はふたケタに減少しています。


このような放水路は都内にもあり、神田川の氾濫等も防止しています。


人々の生活を災害から守る対策はありがたいですね。


どこかの自治体もカジノとか作ってないで、人々の生活を支える事業をしてもらいたいものです。

 

 

第77回広報勉強会

【テーマ】毎月取材掲載される秘訣

【日時】10月24日(木)18:30〜20:30 (受け付け開始は18:15)

【会場】きゅりあん(品川区立総合区民会館)

【定員】10名  (残席8名様)

【参加費】1名様 3,300円(税込み/事前にお振込いただきます)

【 お申込み〆切り】10月22日(火)

参加希望が定員になりましたら、事前に〆切らせていただきます。


詳細・お申し込みは↓

https://www.beauty-labo.jp/article/16175326.html

 

2019.10.14

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16181906
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)