サブスク

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


サブスクリプションとは、もともと「定期購読」という意味で、消費者が製品やサービスごとにお金を支払うのではなく、それを一定期間利用できる「権利」に対してお金を支払うビジネスモデルです。


昔からあるサービスですよね、コレ。


私は40年前に国立競技場のスポーツセンターに入会した時に、このシステムで、10年くらい毎日、トレーニングのために千駄ヶ谷に通っていました。


最近では、東急電鉄の交通、映画、食事が一体となったサブスクリプション型チケットが話題になりました。


他にも、牛角の焼肉サブスクが販売終了「予約で席が埋まり来店できない状態」もニュースになりましたね。


ブランドバッグレンタルとか、新品の服レンタルとか、低価格でとても魅力的に感じます。


新品の服レンタルは、運営しているのは、服のメーカーだそうです。


これは原価がわかるので、利益の仕組みが想像できますね。


美容機器をサブスクで個人がレンタルできるシステムもあります。


美顔器は新しいのが次々と発売されるから、飽きちゃって、使わないままにしている人が多いので、利用者が多そうですよね。


他に美容関連でのサブスクサービスが考えられそうです。


白髪染め年間パスポートとかあると他の店に浮気しませんよ、きっと。


実は弊社ビューティラボにもサブスクサービスメニューがあります。


電話&メールdeコンサルティングサービスで、料金は月間回数無制限でご相談に対応します。


ただ、現在、キャパシティオーバーのため、「電話&メールdeコンサルティング」サービスの申込受付はしておりません。


現在契約中の企業様が終了し、ご予約いただいた順番に新規ご契約とさせていただきます。


サービス開始はこのブログでお知らせしますね。

 

2020,01.23

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16226381
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)