営業と広報は似ているけど違う!

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


「発注が取れるニュースリリースの書き方のコツは何ですか?」

広報勉強会に何度か参加された私と同業のコンサルタントの方、
営業と広報が同じと思ってらしたようです。

メディアに取り上げてもらって記事になれば、
お目当ての企業から注文が入るものだと・・・

お目当ての企業があるなら、
その企業向けのアプローチシートを作成して、
直接、売り込みにいけばいいですよね。

それは広報ではなく、営業です。

そのコンサルタント様は、ご事業で

営業も広報もしたことがないそうです。

前職OLの時は広報担当だったそうですが・・・☆

広報は同じようなアプローチですが、
直接、発注を取りに行くことではありません。

間接的にメディア記事を見た方から、
発注されることにつながっても、
売り注文を直接取りに行くことが広報ではありません。

記事を作成したメディアでは、発注は受け付けません。

広報は事業社や事業の知名度アップ、
イメージアップのための活動なので、
お目当ての企業だけでなく、
世間一般的に広く知らせることを目的とします。

そのあたり、手段と目的をはっきりさせて
活動することをお勧めします。

第85回広報勉強会「毎月取材掲載されるための広報プロセス」

日時:6月25日(木)18:30〜20:30

会場:大井町きゅりあん および ZOOMオンライン同時開催
申込締切:6月23日(火)

https://www.beauty-labo.jp/article/16249916.html

 

2020.6.16

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16281376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)