パッケージデザインがカッコ良くても商品は売れない

「パッケージのクオリティが高いし、中身は良いから必ず売れるハズだから・・・」

過去何社のオーナー様から同じようなセリフを聞いたことでしょう ?非常に申し上げにくいことですが、残念ながらパッケージデザインがかっこ良いから売れるということはありません。また、中身が良ければ必ず売れるということも決してありません。デザインも中身が優れているのに、市場から消えていった商品や会社はたくさんあります。

「たかだかスキンケア。ダサい化粧品店で売る気はない。クオリティの高いファッションの店で売る。」

セレクトショップのような洋服を売る店に卸す販売方法をとるブランドは過去にもたくさんありました。お化粧品を買いたい人がセレクトショップに行くでしょうか ? セレクトショップにたまたま美容意識の高いお客様がいらしたとして、購入に至る確率はかなり低いのが現状です。


「WEBのショッピングモールで売っているブランドは怪しいものが多い。」

そうおっしゃる経営者様もいらっしゃいます。怪しいと思われないつくりにホームページを作れば、お客様から信用され、売れて行きます。メイン販売ルートでなくても、今時、WEBで売らない手はありません。


「広告媒体は考えていない。クチコミサイトは信用性が低い。」

それでは、どこで商品の認知を行うのでしょう ? 店頭など既存の販売ルートに乗せるのでなければ、広告して消費者に商品を認知させなければ売れません。他メーカーの購入経験者リストでも買って、アウトバウンド(テレホンアポイント)するのでしょうか ?


化粧品を売れるようにするにはある法則があります。それは販売ルートにより条件が違ってきます。店頭販売には店頭販売の、自社通信販売であればその独自のルールがあるのです。その「売れる法則」にいくつかハズレた売り方をしていても、途中で修正していけば、必ず売れるようになっていきます。


お問い合わせはこちらから