商品の調達

化粧品や健康食品販売事業をするためには、まず商品を用意しなければいけません。
ただ、ものをつくればいいのではありません。化粧品や健康食品は厚生労働省の許認可がないと製造できません。許認可を得るために資格をとらなければいけないのですが、製造資格がなくても販売はできます。それが販売事業です。

研究部門や製造工場を持っていなくても、OEMメーカーから商品を買い付ければいいのです。化粧品パッケージの裏印刷面を見てみてください。「発売元」と「製造販売元」と2つの会社の名前が記されているものがあります。これを「二元表示」といいます。

大手メーカーさんのものでもそういうものが多くあります。「発売元」が販売会社のことでこの商品の製造はしていないということです。「製造販売元」がこの商品の製造会社を示します。

OEMメーカーへ外注している例が多いのですが、大手メーカーは自社内に製造会社と販売会社を持っていて、この場合、別会社でつくっていても、自社工場で製造していることになります。大手メーカーであっても、実は商品の製造をライバルメーカーへ委託している例も多く見られます。

どういうことかと簡単に申しますと、皆さんがよくご存じのあの大手K社とS社の中身がほぼ同じ・・・ということがありうるのです。

意外でしょう?

業界内はメーカー同士かなり仲良しというところもあります。特に老舗のメーカーにそれが多いように感じます。老舗の大手メーカー同士が提携するのですから、その力はなお大きくなりますよね。

でも、新参メーカーだから参入しにくいと萎縮する必要はありません。老舗のOEMメーカーも新規参入メーカーを歓迎しています。中身の知識やノウハウがなくても大丈夫。親切に対応してくれますので、安心してくださいね。

中身のOEMだけでなく、パッケージの企画までしてくれる会社もありますので、パッケージの知識がなくてもちゃんとフォローしてくれます。良心的なOEMメーカーさんを探して、長くおつきあいをしたいものです。


お問い合わせはこちらから