資金500万円で1億の売上をつくる

たった500万円で、1億の売上がつくれるの? 

 

いきなり、この標題を見てそう思う方も多いと思います。さすがに事務所の家賃や人件費、商品の仕入れ資金などは入っていません。

ここで説明するのは、今の営業体系に「自社通販」を加えるとしたら、新たにどれくらいの資金が必要か・・・ということです。今まで、店頭販売やTVショッピングなどで営業している場合、自社通販するのに、新たに人材やコンピュータシステムなどを導入する必要はありません。しばらくは兼任・兼用で十分です。


ここで新たに必要なのは、WEBとリアルからお客様を誘導する販促費として500万円を用意してください・・・ということです。オーナーさんに多いのは「商品が良ければ、広告しなくても売れる」と自信があって、販促費を全く用意しないことです。


誰にも知られていない、認知度の低い商品が売れるわけがありません。まずはこういう商品がある・・・ということをお客様に告知していかなくては商品は売れません。


では、具体的に500万円の使い道を説明しましょう。お客様に商品の存在を知らせる手段である広告を実施します。広告の手法は折込ちらしでも、フリーペーパーでもかまいません。まずは初年度1万人の顧客を集めることを目標にしましょう。


1万人の顧客候補に年間4回から6回のダイレクトメールを送って、1個3,000円から1万円の商品を15%〜30%のほどの反応を見込めれば、年間1億円の売上をたたき出すことが可能になります。


500万円の使い道は、広告とダイレクトメール(DM)とホームページ(HP)です。仮に月間販促費を広告代20万円+DM代20万円+HP代1万円で合計41万円とすると、年間で492万円・・・約500
万円になります。

 

 

お問合わせはこちらから