悲しいことがありました☆

高校2年の娘のことです。
娘はフィギュアスケートを10年やっています。
朝4時に起きて、6時にはリンクで練習をして、
それから学校へ登校するという毎日を送っています


毎年1月にはインターハイが行われます。
インターハイには6級以上の選手しか出場できません。
娘は6級なのですが、出場できません。
学校の先生が引率できない高校の生徒は出場できないのが
神奈川県高等学校体育連盟(高体連)のキマリだからです。

高校が決まって、インターハイには出場できないとあきらめました。
入学前から許可できないと言われていたからです。

ところが、今年2年生になってから、学校側が好意的になってきました。
副校長先生から
「応援したいけれど、中学の入試時期に重なって、引率はできない。
でも、他校の先生に引率してもらえるなら、校長先生から直々にお願いするから」
と、お話がありました。

無理かな〜と思いつつ、高体連の委員長先生に聞いてみたら、
「ボクが連れてってもいいんだけど、女の子だから、T女子の先生かな〜?」と
その高体連の先生からT女子の先生に伺ってもらったら、断られ・・・

 

でも、娘の学校はひるまず、
「じゃ、県立Kはどうでしょう? K高校引率の先生の名前を教えていただけますか?」
「O先生ですよ」

学校から交渉していただき、K高校から快諾をいただき、ラッキーと
高体連の先生にお礼とご報告の電話をしたら、
「え? OK出たんですか? それはまずいなぁ〜」
・・・・・!?
結論は「自分の高校の先生の引率でなければ出場不可」


じゃあ、最初から「他校の先生ではダメ」と言ってくださいよ!!


インターハイの出場申し込みは今日でした。
昨日、OKをいただいて、学校が書類を作って、
今日提出できるように準備していました。

それなのに、
「ボクはそんなことは言っていない」
「引率してくれない高校に入ったあなたがた親子が悪い」とか
「よその先生に責任を押し付ける気ですか?」とか
「おたくの高校の対応が信じられない」とか
「行きたいなら連れてってやるっていうのに、態度がなっていない」とか
人格を無視して言いたい放題。

「いくら高体連委員長だからって、
そんなひどい言い方しなくってもいいんじゃありません?
出場経験がなくてわからないから、逐一高体連の先生に確認してきたんですよ・・・
勝手に裏でこそこそ動いたことなどしていません。
子供の気持ちを持ち上げたり、突き落としたり、
教育者としてあるべき姿とは思えません

私、クレーマーさながらに怒りましたよäƤ
もちろん、先生の頭を覚まさせることを計算して。

結局、謝りの電話を後からいただきましたが、
神奈川県高体連の怠慢で横暴な体質が身にしみてわかりました。

また、冷静な方の頭では、一流企業の相談室では
このような対応は絶対にしない。
学校の先生がこんなじゃ、生徒もキレるはず
残念ながら、そう感じました。
学校の先生もコミュニケーションのお勉強が必要だと思います。

 

お客様相談室やコールセンターの設置&運営等
コミュニケーション戦略コンサルティングも承っております。
ご相談はお気軽に

 

 

美容事業のご相談は美容事業経営コンサルタント ビューティラボ
経営コンサルタント探しの経営堂
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ

Twitterは@beautylabojp

 

2010.12.4