ペイドパブリシティという広告にだまされないで!

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。

 

fliers 400.jpg

※画像はイメージです。


「こういう媒体に掲載されました!」


と、パンフレットっぽいペラのチラシを見せてくれる方がいました。


とても素敵なデザインの誌面でした。


「チラシですか?」と聞くと、PRだと主張されました。


どう見ても1枚ペラのチラシで、雑誌などのメディアには見えません。


ただ、チラシでも、多数配布してくれているのであれば、それもメディアです。


「どこに何枚配られたものですか?」


それがよくわからないようでした。


よーく聞くと、掲載料を支払っているとのこと。


それ、PR(記事)ではありません。


ペイドパブリシティ(Paid Publicity)は記事のように見せた広告の一種です。


広告掲載してくれたら、PR記事をサービスしますよ・・・という売り込みは確かに多いです。


そのメディアが広告として機能していれば良いですが、広告の役を果たしていなければ、PRというエサでつられているだけです。


お金の支払いが伴うものはPRではありません。


踊らされないよう、無駄な経費を支払わないよう、注意しましょう。

 

 

第65回広報勉強会

【テーマ】 メディアに掲載される!PRネタの作り方

【対象者】商品や会社の知名度とブランド力をつけたい経営者

【日時】10月25日(木)18:30〜20:30 (受け付け開始は18:15)

【会場】きゅりあん(品川区立総合区民会館)  

【定員】10名  (残席4名様)

【参加費】1名様 3,000円(事前にお振込いただきます)

【お申込み〆切り】10月23日(火)  

詳細・お申込みは↓

https://www.beauty-labo.jp/article/16006181.html

 

2018.10.14

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16023246
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)