福島県の地域産業6次化支援

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。

 

山ぶどうの丘500.jpg


一昨日前泊をして、昨日、事業社様を訪問いたしました。


今月、福島は2回目です。


1(次産業)×2(次産業)×3(次産業)=6という意味で、6次産業(ろくじさんぎょう)とは、農業や水産業などの第一次産業が食品加工・流通販売にも業務展開している経営形態を表します。


たとえば、何かの果物を生産している農家が、その果物に傷がついていたら、そのままでは売れないので、ジュースに加工して、瓶詰パッケージをつけて販売する・・・という流れになります。


そうすると、傷ついた果物が捨てずに済んで、余計なコストがかからずに商品に付加価値もついて、利益をもたらすのでとても意義あることですよね。



今回のご相談は6次化で、OEM生産を外注している事業社様でした。


地域に名産がないので、名産を作って、地域活性に貢献したいという志の高い事業社様でした。


すばらしい心意気ですよね!



OEM生産したのだけれど、商品の販路がわからないということで、ご相談されました。


案件商品は、免許がないと売れない商品で、販売先に免許がないと納品できないため、販売ルートは自然と絞り込まれます。


販路開拓は弊社の得意な分野です。


目いっぱいご支援させていただきます。

 

第66回広報勉強会「注意すべき景品表示法と不当表示

日時:11月20日(火)18:30〜20:30
会場:きゅりあん(大井町)
申込締切 11月19日(月) 
https://www.beauty-labo.jp/article/16023646.html


2018.11.17

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16039336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)