販路の特長を把握していますか?

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


先月、立て続けにチャネル開拓のご相談がありました。



1件目が「チャネルの紹介をしてください」で、商品はもうすでに生産が終っていました。


商品を見せてもらったら、ご希望のチャネルでの、競合商品との差別化がなく、採用されるのは難しいモノでした。


企業オーナー様と商品企画担当様にお話しを伺いましたら、その差別化もよくご理解いただけない様子。


価格が他より安いとか、商品の性能が他社より優れていれば、問題なく売れるのですが・・・


まず、パッケージが違うチャネル向けで、ご希望のチャネルでは売れないパッケージでした。


この場合、ある簡単な販促物をつけ足せば、導入は難しくはありません。

 

デパート売場500.jpg



2件目は「デパートで、〇〇という小売店チェーンに導入したい」でした。


残念ながら、デパートの売り場で、ご希望の〇〇チェーンはありません。


つまり、デパートのバイヤーに商談しても、そのバイヤーには〇〇チェーンに導入する立場ではありませんし、


〇〇チェーンバイヤーに商談しても、デパートには導入できません。


もう一度、導入先チャネルを研究する必要があります。


商品企画も販促もパッケージデザインも、そのチャネルで売れるモノにしなければ、どんなに中身が良くても売れません。


同じ店頭販売でも、ドラッグストアとバラエティショップとでは、売れるポイントが違います。


商品を作る前に、ぜひ、市場調査をして研究してくださいね。

 

第70回広報勉強会「ニュースリリース配信のプロセス」

日時:3月26日(火)18:30〜20:30
会場:きゅりあん(大井町)
申込締切 3月25日(月) 残席8名様
https://www.beauty-labo.jp/article/16082576.html


2019.3.6

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16090606
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)