画期的な新素材の販路開拓

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。

 

新素材 玉500.jpg


新素材のご提案がありました。


守秘義務があるので、詳細はここではお伝えできないのですが・・・


とてもエコで、美しく、高級感がある、画期的な素材でした。


その素材を使って大量生産して、口紅の会社に提案したいとのこと。


生産コスト1個あたり5,000円。



それ、はっきり言って、提案先、間違っています。


いくらの口紅を想定しているのかわかりませんが、口紅の生産コストを計算すれば簡単にわかります。


部品の単価5,000円であれば、商品の上代は?


販売価格10万円以上じゃないと利益が出ませんね☆


そんな口紅、あなただったら、買いますか?



そして、化粧品会社は容器の素材開発には一切タッチしません。


さて、ここで、この素材の商談先がどこだか、検討がつきますよね!


化粧品会社が化粧品の全てのパーツを作っていると勘違いしている事例です。



販路開拓って、ほんとうに大事です。


その業界を構成している業種、一つ一つを理解していれば、すぐに提案先がわかります。


化粧品はどういうもので組み合わされて作られているのか考えてみれば、わかりますよね?


こういう場合、振り出しに戻って、どこに提案すれば、それを採用したいと思うのかを再考することをお勧めします。

 

 

第70回広報勉強会「ニュースリリース配信のプロセス」

日時:3月26日(火)18:30〜20:30
会場:きゅりあん(大井町)
申込締切 3月25日(月) 残席8名様
https://www.beauty-labo.jp/article/16082576.html


2019.3.9

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16092561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)