広報資料の作成

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。

 

 

雑誌の画像400.jpg

 


広報活動=ニュースリリースを作成することと思っている方が多いようです。


間違いではありませんが、ニュースリリースだけでは、マスコミにも、消費者にも全ての情報が伝わりません。


ニュースリリースに伝えたい情報を全部盛り込めればいいのですが、なかなか全部を一度には伝えきれません。


情報の全てをA4の紙1ページに無理やり入れようと文字の大きさを小さくして、たくさんの文章をびっちり入れても、読みにくいだけです。


さて、ニュースリリースに入れたくても入らない情報はどうすればいいのでしょうか?


その場合、広報資料を作成しておいて、詳しい情報を必要とするメディアには後からお渡しします。


ニュースリリースを見て、興味を持ったメディアから「もっと詳しい資料がありませんか?」と聞かれて、あわてて作成しても、遅いですよ。


興味を持ったメディア記者はすぐに記事の作成にとりかかりたいので、永い時間は待ってくれません。


聞かれてから、バタバタと社内各部署に聞いて回って資料作成していては間に合いません。


せっかく興味を持ってくれたメディア記者を手放さないよう、準備は事前に済ませておきましょう。

 

 

次回の広報勉強会のテーマは「広報担当がやってはいけないこと」
【日時】2019年6月27日(木)18:30〜20:30(受け付け開始18:15)
【会場&アクセス】きゅりあん(品川区立総合区民会館)
【詳細・申込み】https://www.beauty-labo.jp/article/16121966.html

【募集人数】10名様(残席6名様)
【申込受付】6月25日(火)まで

 

2019.6.12

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16135226
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)