その商品、取引先はどの業態?

こんにちは(^O^)/

美容事業経営コンサルタント 中野啓子です。


弊社では、チャネル開拓(営業)のご支援をしています。


先日、美容商材新商品のチャネル開拓のご相談がありました。


販売先のご希望は、サロン様。


サロン様は一人ひとりのお客様に対して、スタッフが施術する業態。


どちらかというと物販ではなく、ケアサービスです。


確かにそういうケアサロン様では、施術の時間単価で稼ぐだけでは収入の限度があるので、物販にも力を入れています。


でも、その案件商品のコンセプトは難しくない内容なので、美容部員がいない店頭販売で売れそうです。


サロン様はチェーン店で展開する業態は少なく、オーナーさんが1店舗から数店舗を経営している事業者様が多いです。


ドラッグストア様ですと、たとえばマツモトキヨシ様1社だけで500店舗以上あります。


初回導入個数が1店舗3個なら、マツモトキヨシ様だけで1500個売れる計算。

 

それが他のドラッグストアチェーン店とも契約ができたら、その何倍も売れるわけです。


サロン様で売るメリットもありますが、デメリットもあります。


ドラッグストア様も同様にメリットもあれば、デメリットもあります。


チャネルのメリットとデメリットの両方を知って、総合的にどの業態で売るのが会社の利益になるのかを判断して、商談先を決めることをお勧めします。

 

 

第81回広報勉強会
【テーマ】毎月掲載される広報企画の立て方

【日時】2020年2月27日(木)18:30〜20:30 (受け付け開始は18:15)

【会場】きゅりあん(品川区立総合区民会館)

【定員】10名  (残席7名様)

【参加費】1名様 3,300円(税込/事前にお振込いただきます) 

内300円は東北復興支援として一般社団法人起業支援ネットワークNICeを通して寄付させていただきます。https://www.nice.or.jp/

【 お申込み〆切り】2月25日(火)

参加希望が定員になりましたら、事前に〆切らせていただきます。


詳細・申込は https://www.beauty-labo.jp/article/16226776.html

 

2020.1.30

この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)
この記事へのトラックバックURL
https://www.blogdehp.net/tb/16228966
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)