特許

特許権とは
特許権とは、技術上の発明をした者が、発明の公開の代償として、一定の期間一定の条件の下で、発明を独占的に実施できる権利です。

 

特許を受けることができる発明とは
・特許法上の発明=自然法則を利用した技術的思想の創作のうち、高度のもの
・産業上利用可能な発明
・新規性のある発明
・容易に考えだすことのできない発明
・先に出願されていない発明

 

特許の機能

特許登録の機能 特許登録していると 特許登録していないと
財産権 ・特許権を譲渡しての収益
・特許権の実施許諾によるロイヤリティ収入
・特許権を担保にした資金の貸入れ
財産権として保護されません。
独占排他権 ・差止請求権:侵害行為を止めさせることができます。
・損害賠償請求権:侵害行為により受けた損害の賠償を請求できます。
・不当利得返還請求権:侵害によって第三者が不当な利得を得ているときは、その返還を請求できます。
・信用回復措置請求権:侵害行為によって特許権者の信用が傷つけられたとき、その信用を回復する為の措置を講ずることを求めることができます。
独占排他権を主張できないだけでなく、他社に特許を権利化された場合には、事業化等が制限される可能性があります。

 

事業上の特許登録メリット
事業上の特許の役割は企業価値を上げる貴重な財産と言えます。

 

ライセンス事業ができる

特許権を譲渡して収益をあげたり、実施権の許諾によるロイヤルティー(実施料)を得ることができます。

 

事業融資を受けやすくなる

事業融資を受ける際の目安は「その会社の将来的な価値がどこにあるか」が指標となります。特許取得により、将来の事業価値基準がアップし、融資を受けやすくなります。

社模倣技術や商品を排除し、収益アップ

他社の模倣技術は排除できるので、価格競争になることを排除し、収益を上げ、競争力のある商品を提供できます。

 

他社とのビジネスマッチングの際に優位に立てる

自社より大きな企業へ、その技術を売り込む、他社とのアライアンスを締結する際にも特許権を使って、優位体制をキープすることができます。

 

お問い合わせはこちらから